blog

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 知識
  4. レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いは?

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いは?

起業時にコスト削減できるオフィスサービスとして、レンタルオフィスとバーチャルオフィスなどがあります。
これから会社設立を考えているのであれば、各々の違いを詳しく理解した上で、
ご自身に合ったサービスを選択すると良いです。

・レンタルオフィスとは?

オフィスは、賃貸で借りるのが一般的です。
そのオフィスをレンタルできるサービスがレンタルオフィスです。

その特徴としては、以下の2点があります。

特徴①
オフィスに必要な備品が揃っています。
通常オフィスを借りる場合、必要な備品は全て自分で揃える必要がありますが、レンタルオフィスを利用すれば、その必要はありません。
具体的には、机・椅子・プリンター、複合機などが常備されています。

特徴②
会社規模や用途により、設備や場所、オプションサービスを臨機応変に選択でき、住所を登記することもできます。
レンタルオフィスには様々なサービスがありますが、一般的に借りる際の保証金や賃料は貸事務所より低く設定されており、初期費用が安く抑えられます。

・バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとレンタルオフィスと違いは、実際に使用できるスペースの有無です。
バーチャルオフィスの特徴は以下の通りです。

特徴①
事業を始める際に必要な住所、電話番号などの基本的な情報だけを借りることができます。

特徴②
スペースがないので、レンタルオフィスよりも安価に一等地の住所を借りることができます。
すでにオフィスを持っていて、2社目の法人化(子会社化含む)を検討するのであれば、バーチャルオフィスが利用しやすいでしょう。

・理想とするオフィス形態とは?

オフィス形態は、会社規模、業務内容、用途に合わせて選択しましょう。

例えば、「これから起業を考えている」「すでに事業を行っているが、自宅以外に仕事スペースを確保したい」「自宅とオフィス兼用しているが、オフィスを独立させたい」という場合は、即業務を開始できるレンタルオフィスを選ぶのが良いでしょう。
また、「クライアントとの打ち合わせが比較的多い」という場合も、レンタルオフィスを利用するのがおすすめです。

「仕事スペースは不要」という場合は、バーチャルオフィスを選ぶことでコストを抑えられます。

最終的に費用対効果が高いサービスは何かを考えることが大切です。

関連記事